譲渡制限株式の法律相談Q&A

譲渡制限株式の法律知識

Q&A 5 譲渡制限株式の利用方法

質問

父は、生前に会社を経営していましたが、亡くなり、母と私の兄弟とで、相続しました。私も、会社の株式を相続しましたが、この株式を利用するには、どのような方法がありますか。

回答

株式の割合が重要です。50パーセントを超える株式を持っていれば、会社の経営権を確保することができます。法定相続では、遺言書がなければ、お母さんが50パーセントを取得しますから、これを併せて50パーセントを超えるなら、会社経営を考えることができます。

自分一人、又は考えを同じくする他の相続人の株式を合わせた合計が50パーセントを超えなくとも、それが3分の1以上であれば、現経営陣が任意に買い取ることがあります。重要な営業資産の譲渡などには、株主総会の特別議決で3分の2以上の株主の賛成が必要となり、安定した会社経営のためには、3分の2以上の株式が必要となるからです。

買取請求全般の問題点については、他のQ&Aもご覧下さい。


譲渡制限株式についてのご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭