譲渡制限株式の法律相談Q&A

譲渡制限株式の法律知識

Q&A 1 譲渡制限株式とは?

質問

譲渡制限株式について、その概略を教えてください。

回答

譲渡制限株式とは、会社法上、定款で定めることを条件として、全ての株式又は一部の種類の株式について、その譲渡に会社の承認を必要とするという形でその譲渡を制限された株式をいいます。

会社にとって、大規模な会社では、株主の個性は問題となりませんが、同族会社(株式譲渡制限会社、非公開会社、閉鎖会社、中小企業)のような株主の個性が問題となる会社では、会社の経営に好ましくない者が株主となることを防ぐために、認められています。旧商法上もありましたが、会社法では、一部について定めることができること、承認機関などについて定めができることなど、多様な規定が可能となりました。

他方、株主にとって、少数株主の場合、会社経営にも参画できず、出資金も回収できないという状況がありえます。この点は、法の欠陥かとも考えられます。そのような株主の救済方法については、他のQ&Aも参照してください。


譲渡制限株式についてのご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭